狭山火入れ茶 ひより (70gクラフトパック)/なつかしくってホッとする、普段使いのやさしいお茶 | 狭山茶農家 ささら屋(Japanese Tea Farmer SASARAYA)

1/5

狭山火入れ茶 ひより (70gクラフトパック)/なつかしくってホッとする、普段使いのやさしいお茶

¥ 500 tax included

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥ 4,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

■茶葉について
ささら屋の手がける『やぶきた』、『さやまかおり』の一番茶から大柄な茶葉を選別し、狭山伝統の火入れ方法『狭山火入れ』を参考に火入れを強めたお番茶です。
ほうじ茶にも似た香ばしいかおり(火香-ひいか)と、狭山の緑茶らしいあまみ・うまみのある味わいの良さが同居し、どこかなつかしさを感じるお茶になっています。
クセがなくゴクゴクと飲めるので、毎日のご飯のおともにもぴったりです。


■パッケージデザイン
春に収穫した一番茶に狭山火入れを施した『ひより』は、「どこかなつかしくて、飲むとほっとできるお茶」。そんな『ひより』の特徴から、パッケージには日本全国津々浦々で春を告げてくれるなじみの深い小鳥、メジロの消しゴム判子を採用しました。
お手軽サイズのチャック付きクラフトパックは立てて置くことが可能なため、キッチン等での保管にも便利です。食卓の脇においておき、お食事どきにはぜひ『ひより』を一緒にお楽しみください。


■温かいお茶を楽しむおススメの淹れ方(標準サイズの急須1回分)
①急須に6~8g程度の『ひより』の茶葉を入れる
③沸騰したお湯(90~100℃)を約300ml注ぎ、30秒ほどお待ちいただく
③湯呑みに回し注ぐ ※最後の1滴までしっかりと注いでください
④2煎目以降も100℃近くの高めの温度のお湯で淹れると、また違った表情をお楽しみいただけます。

※渋み・苦みの少ないお茶を好まれる場合、少し湯冷ましした70℃~80℃程度のお湯で淹れることをおすすめしております。

※お番茶はお作法などを気にせず、自由に淹れて楽しむお茶です。上述の淹れ方をお勧めはしておりますが、あまりこだわりすぎず、気軽に淹れてお楽しみください。

※冷茶ボトルなどを使い、水出しでお楽しみいただくこともできますので、ぜひお試しください。


■発送に伴う留意事項
・本商品は簡易包装にて発送させて頂きます。
・到着した商品に傷・汚損等の不備等がございましたら、ホームページのお問合せフォームよりご連絡ください。

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥ 500 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品